Message

« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月 アーカイブ

2009年01月01日

あけましておめでとう!

2009年 あけましたー!

今年はしっかり地面に足をつけて歩き、走れるようなら走り、
自分のペースを見失わないようにがんばって行きたいと思っています。
そのためにも毎日の生活を今まで以上に大事にしたいです。
まずは今日はもう寝ます(笑)明日爽やかに起きるために!
今年もどうぞよろしく!!


2009%E6%8C%A8%E6%8B%B6.jpg


今年も灯台カレンダー!

2009年01月03日

今日食べた“ふじ”は大当たり☆☆☆☆☆


サイズも大きかったが蜜がこんなにたくさん!
これだっと思って選んだから余計にうれしい☆


IMG_0617.JPG

2009年01月04日

僕のギター!

とうとう出会ってしまったか!?
僕の感情をほぼ思い通りに音にしてくれるギター!


このスパニッシュ・ギターのエレアコの可能性は僕にとって無限大だ。
スパニッシュ・ギターには前から興味があったが、これほどまでに僕の体に馴染むとは思っていなかった。スパニッシュ・ギターという種類がそうなのかこのギターそのものがそうなのか初めてなのでわからないが(ガット系自体初めてに近いのだが)、買ったその日から僕の魂かギターに、ギターの魂が僕に乗り移ったかのようだ。もう一心同体と言えるほどの使い心地だ。こいつはなんて情熱的なんだ。惚れた!!!
これが今後の僕にどれほど影響を与えるかは僕にしかわからないだろうが、今までのいろんな自分の努力がこのギターによって報われるかもしれないというくらいの衝撃を今感じている。


samba%E8%B3%BC%E5%85%A5.jpg

クラッシック・ギターとは違うパワー!!
そういえばカホンもスペイン....
僕の歌とのマッチングもきっといいはずだ。新曲出来ます!

2009年01月21日

すっかり日が経ってしまった。
毎日何かといそがしくしている。
もちろん例のギターの練習は欠かさない。


スパニッシュ・ギターというのは元々はクラッシック・ギター(ガットギター)を使っての奏法の違いだけを指して言っていた言葉だったが、作りそのものが違って来たのは最近のようだ。
僕のギターは使っている木も違うし、パーカッシブな演奏にも対応する構造なのだ。早くこの演奏法を完成させたい。というかもうほぼ出来ているのだが、よりプロフェッショナルにしたいということだ。世界の誰にも負けないものを。本場スペインの名手達を研究して見るか...。僕は良くも悪くも自己流が多い(笑)でもそのおかげでこんな仕事が出来ているのだと思う。


以前よりずっと爪への気配りをするようになった。エレキマキヒコ奏法はスパニッシュ・ギターで炸裂する。そのためにしばらくはエレキギターはピックを使うことにした。エレキで激しくこの奏法を使うと爪がボロボロになってしまうからだ。ボロボロの爪ではナイロン弦の繊細な音色が出せない。


ところで最近少しあたたかくなったような.... こんな時こそ逆に風邪ひかないようにね!

2009年01月27日

乾燥

乾燥しますなー
家の加湿器はこれだ。7色に光るものだったが24時間着けっぱなしで青しか着かなくなった。
(実は中身を交換して2個目なんだけど...)
喉にも楽器にも必要。もちろんお肌、火の元にもご注意!

%E5%8A%A0%E6%B9%BF%E5%99%A8.jpg


7日のライブは象の刻辺りがおもしろいようだ(2008.11月参照)。

zo_okou.jpg

象のくせに蓮の葉に乗ってるすごいやつ!